読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKプロフェッショナル仕事の流儀 感想

機械翻訳音声認識の製品に見られるとおりGoogleでの言語処理関係の仕事は多言語対応への期待がとても高そう。言語ごとに違うインタフェースになってるよりは技術的に大変でも多言語対応にしたほうが、長期的には開発リソースを集約しやすくなって全体最適という判断みたい。